事業内容

ホーム土木事業トップ工法一覧

工法一覧

EXP工法(旧名:エコTMS・管入替工法)

老朽管路を破砕、拡張しながら、同時に新しい管を押込み、 流水断面を減少させることなく管路を築きます。

バックス工法

老朽化や劣化の進んだ管渠を、土水圧に対して必要な強度を有するバックス管を用いて更生します。
バックス管は十分な強度を有し既設管渠に依存しません。また耐酸性機能も持ち合わせた「自立管」です。 必要強度を有し、更生後の断面積縮小を最小限に抑えることで、下水道の長寿命化に貢献します。

バックス管には2種類あります。
内面を耐酸性樹脂シートライニング材で被覆した高強度鉄筋コンクリート構造の「バックスRC管」。
材料自体が耐酸性を有する強化プラスチック複合管構造の「バックスFRPM管」の2種類です。

マグマロック工法

「マグマロック工法」は、耐震性を有しない脆弱な既設管渠や既設のマンホール継手部を、短時間に耐震構造にするために開発された非開削修繕工法です。下水道等に用いられている管渠、マンホール接続部を、現在最も厳しいといわれているレベル2地震動に耐える耐震構造にします。

特長

1. 既設管渠の耐震性を図り、止水性に優れる。
ステンレススリーブとゴムスリーブの追従性を高めることで、既設管渠とマンホール継手部をレベル2地震動に耐える水密性能を持たせました。
2. 耐久性に優れる。
工場生産のステンレススリーブとゴムスリーブは品質が安定しており、設置時に水の影響を受けることなく、設置後も経年変化や化学物質に対する長期の耐久性を持ちます。
3. 施工性に優れる。
3分割のステンレススリーブは、大断面であってもマンホールからの材料搬入を可能にし、固定金具による嵌合作業は、流水状態での組立設置が容易であり、短時間で確実な水密性を発揮します。
4. 追跡調査が容易である。
ステンレススリーブには認識番号が刻印されており、施工後の追跡調査が容易にできます。

WIDEセフティパイプ工法

浮上防止対策を施していないマンホールは地震の影響で、浮上する危険性があります。浮上防止対策には「WIDEセフティパイプ工法」が効果を発揮します。

■「WIDEセフティパイプ工法」とは…
地震時において、マンホールが浮上する原因の一つとして、マンホール周辺の地盤に発生する過剰間隙水圧が挙げられます。この過剰間隙水圧を消散し、マンホール内部に排水するのがこの工法です。その結果、液状化によるマンホール周辺の摩擦力低下を抑制し、さらに集水管に作用する土圧により、マンホールの浮上を抑制するのです。

特長

1. マンホール内部から集水管を設置するので、マンホール周辺の掘削工事を必要としません。
2. 地上の占有面積が小さくても施工が可能です。
3. マンホール内への排水は地震が発生したときだけ。従って、無用な排水はありません。
4. 既設マンホール、新設マンホールに対して施工できます。

効果確認(大規模な実験を複数回実施)

浮上抑制効果は、大型振動台を用いた1号マンホールの1/5、1/2スケール実験により確認済み。

特長の詳細

交通障害は最小限で抑えられます。

余震にも十分対処できます。

Sto工法

Stoコンクリート補修工法

コンクリート構造物は、竣工後半永久的に使用できると長年考えられてきました。
劣化によりコンクリートの寿命が短くなることが広く知られたのは、最近のことです。
コンクリートも、人間と同様早期発見・早期治療をすることにより構造物を延命し、長寿命とすることが可能です。
そのためには、「コンクリート診断→現状把握→劣化原因の推定→適切な補修」の補修サイクルを繰り返すことが重要です。
当社は、一貫した補修サイクルを実行するとともに、コンクリート補修先進国ドイツの多彩な補修工法により、様々なコンクリート劣化に対し有効な対策を施すことが可能です。

■乾式吹付け工法
乾式吹付け工法は、断面修復工法の一種で、ノズル先端で水を添加しモルタル化します。
ホースの中は粉体だけです。
乾式吹付け工法の特徴
・優れた施工性
・優れた品質性能
・鉄筋裏への確実な充填
・大幅な粉塵低減施工

■表面保護工法
劣化予防のためにコンクリート表面を被覆工や含浸工で保護する工法です。
劣化状況、劣化原因、周辺環境等により、4つのパターンで対応します。
OS-A:撥水材(浸透性吸水防止材、撥水系の プライマー)を塗布し、水分の浸透を阻止。
OS-B:撥水プライマーを塗布後表面にアクリルベースの材料を塗布し、水分、CO2の浸透を阻止。
OS-C:下地コンクリートに不陸調整材を薄層に塗布後、アクリルベースの材料を塗布し、ヘアクラックを防止。
OS-DⅠ,DⅡ:軽度~重度のひび割れが発生している場合に進行性等を考慮してアクリル系材料やセメント系材料を複層に塗布しひび割れに追従。

■ひび割れ注入工法
ひび割れ注入工法は、ひび割れ補修工法の中で最もポピュラーな工法です。
その中でも、当社で採用するひび割れ注入工法は、ポンプによる高圧注入が特徴です。
ひび割れ幅、ひび割れからの漏水等の条件により最適な材料を選択できます。

エポキシ樹脂ベース
・乾燥状態の非可動性のひび割れに適応
・低い粘性で流動性がある
・低い収縮性で新たなクラックの発生を抑える
・引張強度が高い

ポリウレタン樹脂ベース
・湿潤状態、漏水等のひび割れに対応
・乾燥、湿潤に関らず可動性のひび割れに適応
・高い止水性がある
・耐水性がありまた酸、アルカリにも強い

セメントベース
・ひび割れ幅が0.8mm以上の大きい箇所に適応
・非可動性のひび割れに適応
・高い流動性がある
・低い収縮性で新たなクラックの発生を抑える
・他のエポキシおよびポリウレタン材料より低価格である

ウォータージェット

コンクリート構造物等の劣化部を、超高圧水で、構造物に支障を与えずに劣化部を取り除き、 通常のはつり、打撃に比べ、無粉塵、低騒音で作業でき構造物に影響を生じさせない工法です。

PUC受圧板工法

テーパーコーンで軽量化
アンカー頭部が収まる受圧板のくぼみ部分に構造体の圧縮応力付与構造として、テーパーコーンを採用。軽量化が実現できました。
PC構造で軽量化
受圧板をプレキャストコンクリート構造とすることで鉄筋コンクリート構造に比べ20~30%軽量です。
安全性を重視した構造
アンカー頭部が内蔵され、受圧板から突出しない構造で落石などからアンカー頭部を守ります。
受圧板に着色することも可能
オプションで着色が可能です。周辺の色と融和させたり、目立たせたりしたい場合等に選択してください。

GET受圧板工法

受圧板の材料に工夫
リサイクル可能で耐食性に優れた球状黒鉛鋳鉄を採用。コンクリート製に比べ、重量は軽く、高さも低いです。
アンカーの角度調整
アンカーの角度調整が可能なテーパーコーンを採用。受圧板とアンカーとの振り角0~15度までの範囲で自由に調整ができます。
ざぶとん裏込め工の採用
受圧板と地山との間の凸凹に対し、容易に対応が可能。
自然環境に同化
緑化等により受圧板が隠れ、目立たなくなります。

リングネット工法

山岳地帯に囲まれるスイスで生まれた落石防護工法です。
わが国日本は地形が変化に富んでおり急斜面が多く、従って、落石災害が発生しやすい傾向にあります。
リングネット工法は各種の実証試験を重ね、落石捕捉能力と高い信頼性、経済性が認められました。
日本の環境と共生し、安全性と経済性に優れた斜面防災対策として活躍します。

リングネット工法の落石エネルギー吸収量は非常に高く、吸収量は2000(3000:実証試験)キロジュールです。

リングネット工法は次の3段階のシステムで落石エネルギーを吸収します。

[第1段階]リングネットのエネルギー吸収
・落石を受けたネットは、リングの弾性変形と塑性変形でエネルギー吸収をします。
・応力の分散と伝達に方向性がないため、効率よくエネルギー吸収をします。

[第2段階]ブレーキリングによるエネルギー吸収
・第2段階として、ブレーキリングによるエネルギー吸収が始まります。
・防護策の変形に追随しながら、効率よくエネルギー吸収ができるように配置されています。

[第3段階]リングネット設置側面図
・ リングネット全体が残存エネルギーを吸収します
。 ・ 効率性を高めるため、荷重方向の変化に追随できるワイヤロープアンカーを採用しています。

ラバーテック

廃タイヤをチップ状にして利用する、環境に優しいリサイクル製品であり、クッション性に富み、人に優しく、公園や園路、遊歩道、体育施設、各家庭での駐車場等に最適です。

溶射

塩分や湿気の害だけでなく、最近は大気汚染、酸性雨による被害を受け 鋼材などのさび、腐食問題が大きな課題となっている。 材料をさびさせないで寿命を延ばすため、アルミニウムや亜鉛などの金属(溶射材料)を 高温で溶かして、溶射ガンを使い高速で鉄やコンクリートなどの素材に吹き付けて塗布、 表面に皮膜を形成する工法が「溶射」です。

五十嵐建設工業株式会社
新潟県新潟市江南区下早通柳田2-2-17 ニュージニアス3F
TEL:025-382-3631 FAX:025-382-2218