事業内容

SPR工法

施工手順

(1)事前調査
管渠内を調査し、施工の可否を決定します。
(2)製管径の決定
事前調査の結果に基づき、製管径の決定を行います。
標準管径は既設管径に対して流量が同一となる管径を基本としています。
既設管の不陸・蛇行・段差等の状況に応じて製管径を選定できます。
(3)製管
製管方法には元押式と自走式があります。

(4)事前調査
更生管径800mm未満は裏込め注入時の更生管の浮上り防止のため、更生管内に水を張ります。
更生管径800mm以上は更生管内に支保材を設置し、浮上防止及び更生管の変形防止を行います。
(5)裏込め注入
本工法用に開発した裏込めモルタルを注入します。
注入前に取付管用水栓を取付けます。管口はシールして裏込め注入管を設置します。

(6)取付管口削孔
取付管口を削孔し、既設取付管と接続します。
1.取付管より削孔する装置
桝より削孔機を挿入し空気により刃先を広げ、回転させ削孔します。
2.既設管内より仕上げする装置
既設取付管削孔部が不揃いの場合、本管内部から仕上げます。

(7)管口・インバート仕上げ
本管の管口とインバートの仕上げを行って作業終了です。
(8)作業終了

施工事例

SPR工法は、下水道や農業用水、工業用排水等、老朽化した様々な管路を非開削で再生します。
どんな形状の断面でも非開削で水を流しながら施工できるため、
交通や市民生活に対する影響が少なく、 また、工期・工事費共に開削工法と比べて大幅に削減でき、
現代の社会・経済環境にたいへん適した工法です。

五十嵐建設工業株式会社
新潟県新潟市江南区下早通柳田2-2-17 ニュージニアス3F
TEL:025-382-3631 FAX:025-382-2218